体験説明会に行ってエンタメを仕事にする

エンタメ系の専門学校に入って声優・ゲームプログラマー・イラストレーター・マンガ家などになりたいと思っている人は多いと思います。

その最初の一歩になる体験説明会をどのように選ぶべきかを解説しているサイトです。

081830

◯エンタメ系専門学校で勉強できる事柄

上に挙げたような仕事に就きたい場合はエンタメ系の専門学校に進学するのがいいでしょう。

それぞれの学科で学べることは独学とは違って体系的かつ専門的な内容なので、一人で考えているよりも飛躍的に実力を向上させることが出来ます。

もちろんそれには積極的に学んで理想を実現したいという向上心が必須です。

また専門学校を卒業するときには声優などは事務所を募ってのオーディションがあり、ゲームプログラマーなどは就職への強力な後押しがあります。

これらもエンタメ系専門学校が得意としていることなので、自分の目標に達成することを考え、まずは体験入学に参加してエンタメ系専門学校がどんなところなのかを知ることから始めましょう。

◯体験説明会に出席しないと体験できないこととは?

自分がどの道に進みたいのかを決めたなら専門学校の体験説明会に参加してみましょう。

体験説明会ではその学校で実際に行われている授業を無料で受けることが出来ます。

HPやパンフレットで話を聞いているだけなのと実際に授業を受けるのは全く違います。

特にエンタメ系は「自分の力でものを作る」ことを行うわけですから、その手応えや将来への展望も一度の体験授業で自分なりにつかめるものがあるはずです。

そのやりがいこそがその道で生きていくのに必要なことですから、自分の進路を考えて体験授業を選ぶのがいいでしょう。

◯実際の体験説明会を選ぶ

自分の進路(学部)とその専門学校を選ぶというのが最初のステップです。

例えば声優であれば多数の声優を輩出している専門学校を選ぶのが得策です。

デビューして活躍している人が多いほど卒業して自分が活躍できる可能性が高まるということは当然といえます。

声優ならば「アフレコ体験会」を開催して卒業生のゲスト声優と質疑応答をするという感じです。

声優ならば自分がやったものを聞き返して講師に講評をもらい練習を積むことで実力が上がります。

その手段がどのようなものなのかを実際に体験して学校選びの参考にして下さい。

(体験説明会を経てエンタメ系専門学校で学べば、下のようなイラストが描けるようになるでしょう)

029861

◯体験説明会参加は将来に直結しています!

まずはHP等で説明会の開催日程を確認することから始めましょう。

いくつもの専門学校の説明会に参加することをおすすめします。

学校の雰囲気を味わいながら体験説明会に出席することが、目標を叶えるための第一歩になることでしょう。

グラフィックデザイナーの学校に進学